読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

ANAマイル中心に貯めるとか SFC修行とか

MENU

陸マイラー必須のカード! ソラチカカード!

ANA-攻略

ソラチカカードは陸マイラーとしては100%持たなければいけないカードになります。今回はソラチカカードの詳細を解説したいと思います。

 1ソラチカカードとは

f:id:sasasan3:20160913235915j:plain

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB

ANAが提供するクレジットカードで、JCBが発行しています。

ソラチカとはANA(空)と東京メトロ(地下)の造語になります。

ソラチカカードの年会費は初年度無料です。2年目以降の年会費は2,160円(税込)となります。家族会員の年会費は初年度は無料、2年目以降は1,080円(税込)となります。

 

2なぜソラチカカードが必須なのか?

陸マイラーは基本ポイントサイトでポイントを貯めてそれを交換して最終的にANAマイルにします。いろいろなルートがありますが、交換ルートの最後はすべて「ソラチカカード→ANAマイル」となっています。

上記のソラチカカードのルートだけが0.9倍で交換できるようになっています。

これが通称「ソラチカルート」になります。

また、ソラチカカードは入会と毎年の継続時に自動でANAマイルが1000マイルもらえます。

 

3ソラチカカードのポイント交換の特性

ANAマイルに交換するにあたっていくつかルールがあります。

1.月に1度しか交換申請ができません。

2.ポイント交換の上限は20000ポイントまでとなります。

上記の条件がありますので、陸マイラーとしては毎月20000ポイントの上限でANAマイルに交換するように心がけてください。

 

4ポイントの交換のタイミング

当月の15日までに交換申請したものが、翌月の5日辺りでANAマイルとなります。

ただ、メトロ側では申請終了判定が11日辺りになります。

16日以降の交換になると、翌々月の5日辺りとなってしまい、大幅のロスになりますのでご注意ください。

陸マイラーとしてポイントサイト活動をしていくと、ポイントサイトのポイントが交換上限よりも多く貯まっていきます。そこでポイントのダブつきが発生するようになってきます。これを通用「ソラチカ渋滞」と言います。

年間の交換上限が240000ポイントなので、交換タイミングで確実に交換するようにしましょう。

5ソラチカカードのデメリット

ポイントの還元率は正直期待できません。。。0.5%です。クレジットカードの決済でも貯めたい!という方はANAビザワイドゴールドカードをおススメします。

www.sasamiler.net


ソラチカカードはソラチカルートのために所有するといっても過言ではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

陸マイラーは基本マイルを貯めるということはポイントサイトで貯めるということになり、そのポイントを交換するのに最大限の力を発揮するのがソラチカカードであることはわかったと思います。

陸マイラーとして活動するにあたり、まず最初に作るべきカードはソラチカカードになります。

 

【10/5時点でのキャンペーンについて】

ポイントサイト経由でのソラチカカード作成はありませんが、現在新規カード発行にあたり大きなビックキャンペーンをしています!!

[JCB Presents] ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

こちらはJCBサイドのキャンペーンとなっており、ANAサイドのキャンペーンと合わせてのマイルとポイントのチャンスとなっております!

 

こちらのキャンペーンについての詳細は私が陸マイラーのスキルを磨くにあたって、毎日拝読させていただいています、すけすけ様のブログを見ていただけるとばっちり分かります!

www.sukesuke-mile-kojiki.net

今から作られる方は非常にいいタイミングと言えると思います!

またこちらのJCBのキャンペーンは10/15までとなっていますので、これからの方は急いで作成するようにしましょう!

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中