平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

陸マイラーとしてマイルをお得に貯める方法を紹介するブログです^^

MENU

生涯で得られるクレジットカードのポイント数は?

f:id:sasasan3:20161102004506j:plain

今やほとんどの方が所持しているであろう、クレジットカード。

日々の買い物による決済、公共料金の支払い、外食での支払いなどなど、日々の生活の中で欠かせないものになっています。

そんな身近な存在であるクレジットカードには、ポイントがもれなくついてくるものです。貯めたポイントは商品券に変えたり、電子マネーに交換したり、商品に変えたり。陸マイラーの皆さまはマイルに変えることでしょう。

本日は一生涯で得られるポイントの考察をしてみたいと思います。

1.日本人の平均所持枚数と月平均決済

JCBの調査によると平均所持枚数は3.2枚、月の決済の平均額は5.3万円になります。また、クレジットカードを持つときに何を目安にするかというと、「入会金、年会費が他に比べて安いかどうか」「ポイントやマイルが貯めやすいかどうか」ということを重視されています。

どのようなときに使用するのかというと、1位「オンラインショッピング」2位「携帯料金支払い」3位「スーパー」となっています。

2.生涯に得られるポイント数は?

条件設定

クレジットカードによって還元率が変わってきますので、1%、1.25%、1.5%の3通りで設定してみます。

クレジットカードを持つタイミングは人それぞれですが、20歳から持ったとして80歳までの期間で見てみましょう。

1.JCB平均の月5.3万円の場合

5.3万円×12か月×60年×1%=381,600ポイント

5.3万円×12か月×60年×1.25%=477,000ポイント

5.3万円×12か月×60年×1.5%=572,400ポイント

1.5%でも57万2400円分現金主義の方よりも得をしたということになります。月に5.3万円ということは公共料金、お買い物で少々という感じですね。

これだと正直あまり魅力は感じられないですね。

2.月10万円の場合

10万円×12か月×60年×1%=720,000ポイント

10万円×12か月×60年×1.25%=900,000ポイント

10万円×12か月×60年×1.5%=1,080,000ポイント

平均所得の方が、意識的にクレジットカード支払いにすると月に10万くらいの支払いになるのではないでしょうか?この場合だと、108万円分の差が出てきます。

100万円の差が出てくると結構資産としてもいい感じだと思います。

3.月25万円の場合

25万円×12か月×60年×1%=1,800,000ポイント

25万円×12か月×60年×1.25%=2,250,000ポイント

25万円×12か月×60年×1.5%=2,700,000ポイント

家族(例えば、夫婦共働きで夫婦共にカード払い)でカード払い可能なものはすべてカードで支払いをすると25万円前後に届くのではないでしょうか。この場合だとかなりの金額になりますね!270万円分の差が出てきます。

3.クレジットカードを持つ人と持たない人での格差

かなりざっくりとですが、カードを持つ人と持たない人でどのくらいの差が出るのか見えてきました。

還元率を1.25%(平均還元率として)見ていくと、

  • ①月に5.3万円支払いの場合は、47万7千円の差が出てきます。
  • ②月に10万円支払いの場合は、90万円の差が出てきます。
  • ③月に25万円支払いの場合は、225万円の差が出てきます。

③においてはかなりの差が出てきますね!!

更に陸マイラーとしては、ポイントはすべてマイルにするのが鉄則です(笑)

マイルは基本1ポイント=1マイル

1マイル=2円~5円の価値を見出せるので、間をとって3円の価値だとすると③においては675万円分の資産価値として考えることができます。

そうなると生涯で何十回も海外旅行にいけることになります。

4.まとめ

いかがでしょうか?何に価値を見出すのかは人それぞれですが、ここまでの差がでることが分かるとクレジットカードがいかに資産を生み出すことができるのかよく分かります。

陸マイラーとしてマイルを貯める方法論として、1番効果的なのはポイントサイトでポイントを貯めることです。詳しくはこちら!

www.sasamiler.net

しかしながら、クレジットカードのポイントも生涯において改めて計算してみるとバカにならないものになります。

ただ、今後この先において還元率の変更だったり、マイルの価値だったりの変動などもあるので、参考程度にしてもらえると嬉しいです^^

 

そんな中で私がおススメしているカード(陸マイラーとして!)は下記の記事を参考にしてくださいね!

www.sasamiler.net

www.sasamiler.net

www.sasamiler.net

本日もありがとうございました!