読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

ANAマイル中心に貯めるとか SFC修行とか

MENU

国税がクレジットカード支払いできるようになります。2017年1月からスタート!マイルは?ポイントは?

f:id:sasasan3:20161208010709j:plain

おはようございます!sasasanです。

皆さんは税金の支払いはどうしていますか?振り込み用紙を持って銀行に行きますか?

それとも少し手間をかけてnanaco払いでしょうか?

自動車税や、固定資産税についてはすでにクレジットカード払いは一部可能なのですが、今回はそれ以外にもクレジットカードで税金支払いができるようになるようです。今回はそのことについて書いていきたいと思います。

1.クレジットカードでの税金納付ができるようになります

2017年1月4日より国税庁がスタートさせる予定となっています。

インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。

こちらはインターネット上のみ対応可能なので、銀行だったりコンビニで支払いが可能になるというわけではないみたいです。

でも、24時間対応しているそうなのでいつでも支払いができるのは非常に便利なサービスだと思います。

 2.具体的にはどの税金が支払い可能なのか?

下記が対象となる予定です。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税

見てもらうと分かりますが、どちらかというと事業主や法人、会社に対してという名目のほうが多いですね。

3.対応可能なクレジットカードは?

Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDとなっています。

ほとんどのクレジットカードが対応という感じですね。

また、一括払い、分割払い、リボ払いも対応しています。(リボで払ったら本末転倒ですが、ANAVISAワイドゴールドなら還元率UPなので検討の余地ありです)

4.デメリットについて

手数料がとられます(笑)

決済手数料は納付税額が最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円  (消費税別)を加算した金額となります。

5.陸マイラーとしてはお得なの?

クレジットカード支払いが可能になるということはポイントが付くのか?付かないのか?ここが最大の焦点となります。現時点ではそこまでの記載はありません。(正直ついてもらわないと全くメリットを感じませんけどね)

また、ポイントが付くようになったとしても、すべてのクレジットカードでポイントが付くかどうかも未定です。nanacoチャージのように、ポイントが付くカードと付かないカードというようにクレジットカードによって分かれてくることも予想できます。

1万円で76円手数料なので還元率が1%で考えると1万円の支払い=100マイルで76円の手数料です。

 

今後は更に支払いが可能な税金の種類も増えてくるかもしれないですね!!

ちなみに現在、お得な支払い方法としてはnanacoで支払いをしてポイントを貯めるのがお得ですね。

nanaco支払いの詳細はコチラの記事を見てくださいませ。

税金の支払いでANAマイルを貯めましょう^^ - 平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

来年よりスタートする予定ですが、どうなるか楽しみですね。

個人的にはすべてクレジットカードで支払いができるようになると、とても助かります。