平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

陸マイラーとしてマイルをお得に貯める方法を紹介するブログです^^

MENU

不動産投資案件が今後伸びるかも!?ECナビが最高値の2案件で440,000pt(44,000円相当)をGET!

f:id:sasasan3:20171011014155p:plain

おはようございます。sasasanです。

 

ここ最近のポイントサイトの案件のポイント数の動きが活発化しております。

FX案件については軒並みポイントダウン。。。

やはり色々と世の中の動きで変わってくるものです。

そんな中で、今ポイント数が上がってきているものがあります。

それは「不動産投資のセミナー」となります。 

不動産投資というとかなり前からのブームとなっておりますが、ここ最近は高値近辺を推移しており、個人的には今じゃないという印象を持っています。

不動産投資で良かったタイミングと言えば、直近で言うとリーマンショックの時です。

一気に不動産価格は下がりました。

現在の日本経済は東京オリンピックに向けて、上向きとなっています。

ただ、いつ不動産価値が下がるのかというのはまだ誰にも分からないものです。いつかそのタイミングが来た時に備えて今から勉強しておくというのも1つなんじゃないかなって思います。

今回は2つの不動産投資セミナー案件を紹介させていただきます。

東京ミライズのマンション投資

f:id:sasasan3:20171011012335p:plain

こちらはWEB申込完了後の面談でポイント付与となります。

140,000pt(14,000円相当)となります。

今までも不動産投資案件というのは、いくつか紹介させていただきましたがこちらは条件面が非常に低めに設定しています。

条件は2つ。

  1. 年収400万円以上
  2. 25歳以上

こちらの案件は、ECナビが現在No1となっています。(次点はPONEYで13,000円相当のポイント)

詳しい条件は下記になります。

以下の条件を満たした方がポイント加算対象です。
※年収400万円以上・25歳以上の方で、WEB申込完了後の面談完了した方


以下の場合はポイント加算対象外です。
※不正・重複・虚偽・登録不備・いたずら・なりすまし・キャンセル・WEB申込み後30日以内に電話確認の取れなかった方
※WEB申込み後60日以内に面談完了まで至らなかった方
※不動産を活用した資産形成やマンション経営を検討されていない方からの申込み
※ポイント加算対象者以外の方からの申込み
※2回目以降の申込み
※同業他社にお勤めの方
※病歴やご職業などその他サービスの提供ができない場合
※同一IPからの成果・電話やメール、FAX、お問合せフォームからの申込み
※無職、学生、フリーター、独身、契約社員、24歳以下の方、年収400万円未満の方

Renosy不動産投資

f:id:sasasan3:20171011012344p:plain

こちらは当ブログでも数回紹介させていただきました案件ですが、ポイント数は最高値近辺となっていると思います。

資料請求後の面談(本人確認必須)でポイント付与。300,000pt(30,000円相当)となります。

現在はモッピーと同ポイントとなっています。

ただ、こちらは条件面が少し難易度が上がりますね。

  1. 世帯年収500万円以上
  2. 上場企業かそれに準じる企業
  3. 勤続年数3年以上

詳しい条件は下記になります。

以下の条件を満たした方がポイント加算対象です。
※資料請求後、営業担当者とのご面談にてご本人様確認ができた方。
※お申し込み後60日以内にご面談を実施された方。
※世帯年収500万円以上の方。
※上場企業かそれに準じる企業に勤務している方。
※勤続年数3年以上の方。


以下の場合はポイント加算対象外となります。
・お申し込み後60日以内にご面談ができない場合
・世帯年収500万円未満の方
・上場企業かそれに準じる企業に勤務していない方
・勤続年数3年未満の方
・ご本人様の確認ができない方
(※名刺交換、健康保険証などお勤め先が確認できるものの提示があればOK)
・過去に弊社で資料請求をしている方
・不動産投資に興味がないなど明らかに特典目当てな方
・情報に虚偽、不備、誤りがある場合

 

【当サイト独占!!】

通常入会の場合500ポイント(50円相当)がもらえますが、下記バナーから入会されますと、2倍の1000ポイント(100円分)が貰えます!!

(バナーが訂正されていませんが1000ポイントになります。月末付与になります。)

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

まとめ

FX案件が下火になった現在、高額ポイントを稼ぐのは2つに絞られます。

  • 不動産案件
  • クレジットカード案件

この2つですね。

不動産案件は条件面が合わない方もいるかと思いますが、条件が合うのであれば積極的に狙っていくべき案件となります。

今回の東京ミライズは条件面も比較的緩い条件になっているので、間口が広い案件とも言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク