平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

陸マイラーとしてマイルをお得に貯める方法を紹介するブログです^^

MENU

「LEADERS リーダーズ2」を見た感想。先人たちの偉業、知恵から色々学ぶこと。

f:id:sasasan3:20170327011827j:plain

おはようございます。sasasanです。

ここ最近、TVを見る機会がめっきりと減っています。元々は大のテレビっ子でたくさん見ていました。

というのも、昨年の秋よりブログを始めてからというものブログを更新する時間がTVに取って代わったせいもあるかもしれません。

今日はたまたまTVをつけていて、ついつい気になって見た番組があります。

「LEADERS リーダーズ2」です。

今日はこちらのドラマの感想をどうしても書きたくなったので、書かせてもらいます。

LEADERS リーダーズについて

今回放送されたのは続編となっていて、前作2014年3月22日に二夜連続放送でやっていました。

物語は、トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎氏をモデルとした、国産自動車に熱い想いをかけた人たちのドラマとなっています。

今回の主なキャストについて

愛知 佐一郎・・・佐藤浩市
アイチ自動車社長。モデルは豊田喜一郎。

山崎 亘 ・・・内野聖陽(1では岡田浩暉)
日の出モータース店長だが、愛知社長との出会いでアイチの販売に転換。
モデルは山口昇(愛知トヨタ初代社長)。

菊間 武二郎・・・大泉洋
「若草自動車販売」だったが、山崎、愛知に惹かれアイチの販売に転換。

日下部 誠・・・東出昌大
日の出モータースの営業マン。山崎と共にアイチの販売。

 

他にもたくさんの豪華キャストで放送となっていますが、上の4名が今回が今回中心になっていました。あまりに多いので、ここでは今回の主要メンバーのみ記載させていただきます。

とにかくよかった!!

のっけからこんなありきたりな感想でごめんなさい(笑)

正直な話、どこまでがリアルでどこまでがフィクションかは定かではありませんが、先人たちの熱い想いだったり、それを成し遂げるための努力(正直、簡単に努力という文字では収まらない)というものがとても素晴らしいものだと感じました。

正直、今の日本はとてもドライというか賢い人が増えているためか、リスクヘッジというものにとても敏感です。最低限そういうことも必要なこともとても分かるんです。

でもね、そういうことを考えだしたらきっとトヨタ自動車のような素晴らしい企業は生まれなかったのかなと思います。

どんな分野でもそうですが、偉業を達成される人たちにはある共通点があるように感じます。あくまで私の主観ですがこんな感じでしょうか?

  • 目標しか見えていない
  • 目標に向かって全生命をかける
  • 損得を考えていない
  • 人との出会いを大切にしている
  • いい意味でずっと子供である

これだ!と思うことに対して全力で向かうことができることが前提としてあって、他人からしたら「そんなの絶対無理。」というものさえも、あきらめずにひたすら力を注げる人。

そして、人との出会いをとても大切にしつつ、他人というか接する身近な人のことを常に大切に思っている。

こんな感じでしょうか?

これって、実は身近にモデルケースが存在します。

それは「子供」だと思います。

子供ってまだ世の中の仕組みも分かりませんし、無理ってことさえ思いません。そしてとても純粋で、人に対してとても正直に接することができるものだと思います。

よく身近にいませんか?子供みたいな人。だけど、なんだかとても魅力がある人。

そんな感じの人だと私は思いました。

子供の時のことを忘れてはいけませんね^^

先人たちの生い立ちや生き様はとても勉強になる

世の中でTOPに立つ方たちが飛行機に乗っているとき、何をしていると思いますか?

寝てるのかもしれないし、仕事をバリバリしているかもしれません。

私の知り合いで複数の偉い方の話ですが、みんな「歴史の本」を読んでいます。

それも、論語の話だったり、歴史上の人物の話だったり。先人(偉人)というものはそれこそ十人十色ですが、その方たちの行動、思考というものはとても読んでいて興味深いです。

「でもさ、再現性もないし、時代が違うじゃん!」

まあ、それはそうかもしれませんね。でも、それを言ったらそこで思考は止まります。

先人たちの考え方や、どうやってアクシデントを乗り越えたのかなどとても参考になることが沢山あります。

例えば論語についてですが、中国のことわざと思えばイメージがつきやすいでしょうか?小難しい印象もありますが、実はとても簡単なことしか書いてありません。でも、とても身に染みる言葉が沢山あります。

まあ、そこまで古いものだとなぁって方であればこちらもおすすめできます。

こちらは映画にもなっているのですが、出光の創始者の話です。本当にこんな人がいたのか?というくらいすごかったですよ。是非読んで頂きたい小説の1つですね!!

今回のリーダーズととても共通項のある小説になります。

まとめ

私は今回たまたまTVをつけていたので見ることができましたが、本当に楽しめました。こんなに大成功を収めることはできないかもしれないけれど、ヤル気というものはとても重要です。

そしてなによりも人との出会い、これもすごい大切です。いい人と出会うことは人生においてそんなにありませんし、気づかないかもしれません。なので、人との出会いはとても大切にした方がいいです。

今回のドラマで印象に残ったセリフがあります(正確ではないですが、こんな感じ)

「お互いの考え方や姿勢は違う車輪ではあるけれど、同じ方向に向いていないと車は走らない。」

確かこんな感じのことを言っているシーンがあります。

車を作る人と、それを売る人とでは、考え方も違うし姿勢も違うけれど、同じ方向を見ていないと何も成功しない。というニュアンスでしょうか。

人と出会ったときに、この人は私とは違うから付き合うのはやめようというのではなく、同じ方向を向けられるような人かどうかが大切なのかもしれませんね^^

本日はマイルとあまり関係のない話でしたが、私の中でとても良かったことだったので、書かせていただきました!!

本日もありがとうございました^^