平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

陸マイラーとしてマイルをお得に貯める方法を紹介するブログです^^

MENU

陸マイラー最重要クレジットカード「ソラチカカード」メリットとデメリットからお得に発行する方法も解説!

f:id:sasasan3:20170713010510j:plain

陸マイラーとして、必ず必要なクレジットカード。

それが今回紹介する「ソラチカカード」になります。

なぜ、このカードが陸マイラーにとって最重要クレジットカードなのか?その利用方法について、今回は徹底解説していきたいと思います。

これから陸マイラーを目指してみようという方、ソラチカカードの威力を知らない方や利用方法をまだ理解していない方は、今回しっかりと紹介していきますのでよく読んで頂きたいと思います。

ソラチカカードの基本スペック

f:id:sasasan3:20160913235915j:plain
ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)

ANAが提供するクレジットカードでJCBが発行しています。

ソラチカとはANA(空)と東京メトロ(地下)の造語になります。つまり、空でも地下でも両方でポイントが貯められるというクレジットカードということになります。

  • 年会費:初年度無料。2年目以降は2,160円(税込)
  • 家族カード:初年度無料。2年目以降は1,080円(税込)

こちらのカードを利用して貯まるポイントを「Oki Dokiポイント」と言います。
基本はご利用合計金額1,000円で1ポイントです。

f:id:sasasan3:20170713012431j:plain

ポイントは5マイルコースと10マイルコースの2種類から選び、ANAマイルに移すことができます。

10マイルコースは移行手数料として年間5,000円追加でかかります。 

ソラチカカードが陸マイラーにとって最重要な理由とは?

 陸マイラーにとってソラチカカードが必要な理由とは、メトロポイントをANAマイルにする場合に0.9倍のレートで移行できるということに尽きます。

メトロカードは数種類あってソラチカ以外のカードでもANAマイルに交換することは可能ですが、ソラチカ以外の場合のレートは0.6倍となります。

  • ソラチカカード:100メトロポイント=90ANAマイル
  • ソラチカ以外のメトロカード:100メトロポイント=60ANAマイル

この0.9倍というレートがこのカードの最大のメリットとなっており、これがないと陸マイラーとしてANAマイルを効率よく貯めることができません。

0.9倍レートによってANAマイルが圧倒的に貯まるソラチカルートとは?

陸マイラーがどのようにANAマイルを効率よく貯めているのかというと下記の2点に集約されます。

  1. ポイントサイトでひたすらポイントを貯める
  2. 貯めたポイントをソラチカルートでANAマイルに0.9倍レートで交換する

陸マイラーは「ポイントサイト」でサービスを利用してポイントを貯めます。そのポイントは仲介サイトを通してメトロポイント移行します。そして最終的にはANAマイルに移行するという流れです。

この一連の流れを「ソラチカルート」と呼びます。

www.sasamiler.net


100ポイント(100円相当)(ポイントサイト)→100メトロポイント→90ANAマイル

1ANAマイル=約1.1円の価値に高めることができます。このテクニックを利用できるのは現状、ソラチカカードのみとなります。

陸マイラーとしては1マイル=2~5円の価値として考えていますので、貯めたポイントが0.9倍の破格のレートで交換できるということは非常にメリットのあることとなります。

メトロポイントからANAマイルに交換するときのルールについて

この高レートの交換にも2つのルールがあります。

  1. ひと月に交換申請ができるのは1回だけ
  2. ひと月に交換できるのは20,000メトロポイントまで

年間に交換できる上限というのは「20,000×12=240,000メトロポイント」となりますので、年間216,000ANAマイル分を交換できるということになります。

ここで注意していただきたいのは、「ひと月に交換申請が1回だけ」というところです。上限は20,000メトロポイントですが、ひと月に複数に分けて申請することができませんので、ご注意ください。

メトロポイント→ANAマイルの移行のタイミングについて

ポイントの移行するタイミングというものは決まっています。

  • 当月の15日までに交換申請したものが、翌月の5日辺りでANAマイルとなる

5日辺りでANAのサイトでマイルを確認することができますが、この段階ではまだメトロ側の処理自体が済んでおりません。メトロ側では申請終了判定が11日辺りになります。

申請終了判定が終わったら、次のポイント移行申請が可能となります。

毎月効率よく交換していくためには、この移行タイミングをしっかりと覚えておかないとロスを招くことになります。

申請終了判定11日辺り~当月の15日までの交換

つまりこの4日間で毎月メトロポイントをANAマイルへと移行するしか効率よく回していくことができないのです。

下記は私がポイントの移行だったり各ポイントサイトのスケジュールを管理している方法になるので、よかったら参考にしてみてくださいね!

www.sasamiler.net

限定的ならがもポイントを貯めていく方法とは?

陸マイラーはクレジットカードでマイルを貯めていくということに対して重要視をしません。

それはポイントサイトでポイントを貯めてソラチカルートを利用してマイルを貯めるからです。

こちらのソラチカカードも同じで、メインカードとしては正直メリットはありません。

しかし一部限定的にポイントを貯めていくことも可能なので、そちらについて解説していきましょう。

東京メトロ(地下鉄)を利用するならこのカードにメリットあり!

実は東京メトロに乗車する場合、乗車だけでメトロポイントが貯まります。

  1. 平日の乗車で5ポイント
  2. 土日休日の乗車で15ポイント
  3. メトロPlus対応店の自販機100円利用で1ポイント
  4. メトロPlus対応店舗の購入200円利用で1ポイント
  5. 定期券購入で1,000円につき5ポイント

1と2がポイントです!こちらはどの区間でも関係なく乗車するだけでこのポイントが貯まるようになっています。

東京をメトロを通勤に利用されている方も定期券購入のポイントも通常よりも多くつきますね!!

仮に定期代が月に8,000円で、平日乗車が20回、休日乗車が10回あるとすると、

(8×5pt×12か月)+(5×20×12か月)+(15×10×12か月)=3480メトロポイント

ソラチカルート換算で、3480×0.9=3,132ANAマイル

こちらはメトロポイントで貯まるので、マイル効率はとてもいいです。

毎年の更新でANAマイルが付与される!!

こちらは毎年の更新で、1000ANAマイルが付与されます。特に何をすることもなく、更新で1000ANAマイルがもらえるのです。これは死蔵カードと同じようなカラクリと思っておいてください。

 死蔵カードの詳細については、下記エントリーを読んでいただけると嬉しいです。

www.sasamiler.net

上記2つの限定的な利用方法で約4000ANAマイルが貯まることになります。

通常4,000ANAマイルをショッピング等での利用となると、40万円分のショッピングが必要となるので、都内でうまく利用できる方は利用された方がいいでしょう。 

ソラチカカードのデメリットについて

こちらは、メインカードとしては弱いポイント還元率ということに尽きるでしょう。

なのであくまでソラチカカードというものはソラチカルートのために所持しておくという考え方が合っています。

 陸マイラーにとって必須なカードではあるけれど、メインカードではない!

ということですね。

となると陸マイラー的にはどのカードと組み合わせるのがいいのか?

ここまでで、ソラチカカードは必須ではあるがメインではないことが分かりました。となるとメインカードはどうなるのか?ということになります。

私の中でのおすすめは2つです。

【ソラチカカード×ANAVISAゴールドカード】

こちら、ANAVISAゴールドカードは還元率が最大1.72%とTOPクラスのマイル還元率となります。

ポイントサイトがメインとして貯めつつも、日々のショッピングでコツコツとマイルを貯めていきたい方に向いています。

ANAVISAゴールドカードについてのまとめ、解説記事はこちらになります。

www.sasamiler.net

www.sasamiler.net

【ソラチカカード×SPGアメックスカード】

 こちらはポイントサイトがメインとして貯めつつ、日々のショッピングではホテル用のポイントを貯めていきたい方に向いています。

正直マイルはソラチカルートで年間216,000ANAマイルを貯めることができるので、日々のクレジットカードで貯めるポイントというをホテルに充てていくというのが、とてもいいと私は思います。

SPGアメックスのまとめ、解説記事はこちらになります。

www.sasamiler.net

ソラチカカードをお得に発行する方法について

陸マイラーであれば、クレジットカード発行はポイントサイトを利用!が定番なのですが、ソラチカカードはポイントサイトでは現在は扱われていません。

では、どうするのか?というとちゃんと方法があるんです。

「マイ友プログラム」を利用することです。

こちらはANAマイレージ会員の方から、紹介を受けて登録をしてから発行する方法が一番いいです。

もしあなたがANAカードをお得に発行したいという方はANAカードを発行する際に、私からの紹介であれば一般カードであれば500ANAマイルがもらえるようになっています。

ソチラカカードであれば、

  • 紹介500ANAマイル+カード入会ボーナス1000ANAマイル=1500ANAマイル

ANAVISAワイドゴールドカードであれば、

  • 紹介2000ANAマイル+カード入会ボーナス2000ANAマイル=4000ANAマイル

もしあなたがどちらのカードも発行するのであれば、先に「ANAVISAワイドゴールドカード」を発行するようにしてください。

というのは、マイ友プログラムの利用はどのカードであっても一回のみだからです。

もう一つ、注意点があります。

カードを発行する前にマイ友プログラムの申し込みをすること!!

マイ友プログラムはANAの公式サイトから申し込みが可能となっていますので、興味がある方は下記問い合わせにてお知らせもらえれば、原則24時間以内にご紹介させていただきます。

www.sasamiler.net

まとめ

ソラチカカードはメインカードとしては利用はしないが、陸マイラーにとって必須なクレジットカードとなります。

陸マイラーとして活動をスタートさせるのであれば、まず最初に作成するクレジットカードとなります。

このカードを作ることが最初の一歩となります。

とにかく効率よく最短でマイルを貯めていくのであれば、ポイントサイトの利用と同時もしくは、それより前にまずはソラチカカードの作成をするようにしてくださいね!

 

本日もありがとうございました!!