読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平均年収陸マイラーの毎年家族で海外旅行

ANAマイル中心に貯めるとか SFC修行とか

MENU

電子ビザの今後について考える。陸マイラーとしての初心者知識!

f:id:sasasan3:20161121233405j:plain

おはようございます!sasasanです。

2017年よりSFC修行を開始予定なんですが、私の場合は仕事での海外出張が月に1度あります。決まっていることとしては、2017年1月にヨーロッパ出張が決まっています。

ヨーロッパは普通にパスポートさえあれば、入国OKなんですが今後電子ビザを導入するというニュースがありました。

今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 1.電子ビザについて

アメリカだと「ESTA(エスタ)」、オーストラリアだと「ETAS(イータス)」というものがあります。

これは、ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。

 近年テロなどが頻繁に起きている中で、事前の渡航者についての情報を登録して大丈夫かどうかを判断するシステムとも言えます。

あとは、カナダの「eTA」も同じものとして考えていいです。

2.ヨーロッパ(EU加盟国)でも今後必要になってきます

ヨーロッパでは2020年から導入をするように現在動いております。「ETIAS(エティアス)」と言います。正式名称「ヨーロッパ旅行情報認証システム(European Travel Information and Authorisation System」

こちらは日本などのビザが免除されている国の国籍者が、シェンゲン協定国内26か国に訪問する際に事前登録が必要なものです。

シェンゲン協定国って何?

簡単に言うと、出入国審査なしで国境を自由に往来できることを定めたヨーロッパ国家間の協定に入っている国となっています。現在は26か国が参加しているものです。

取得にいくらかかるのか?その期間は?

5ユーロで5年間有効です。パスポートの登録とクレジットカードが必要です。(決済はクレジットカードのみの予定)

下記が公式ホームページになります。

ETIAS EU VISA – European Travel Information and Authorisation System – European Travel Information and Authorisation System

こちらですが、正式にすべてが確定はしていないので今後変更があることも否定できないので、その都度確認するといいと思います。

ちなみにアメリカの「ESTA」は14ドルで2年間有効。

オーストラリアの「ETAS」は無料なんですが、システム利用料で20ドルかかります。取得代行業者だと安いところで500円~4000円ぐらいです。1年間有効。

登録に必要な情報は?

申請者情報
1.姓
2.名前
3.生年月日
4.その他の名前
5.出生地
6.性別
7.現在の国籍
8.申請者の親の名前
9.自宅の住所
10.メールアドレス
11.電話番号

パスポート情報
1.パスポート番号の情報
2.他の国籍や市民権に関する情報
3.永住権の住所。

その他質問
最初に入国する国
学校または現在の職業情報

適格性の質問
1.病状または他の感染性または伝染性の寄生虫性疾患に関連する。
2.過去の犯罪の有無
3.戦争地域の国への渡航歴
4.移民または渡航履歴について
5.EU加盟国にへの入国拒否または強制送還歴
6.申請者が未成年者の場合、未成年者の責任者の身元について

7.申請者が申請人本人とは異なる第三者によって提出された場合、その者およびその会社の身元(該当する場合)

 こちらホームページからの引用ですが、こちらの必要事項のリストは情勢などにより変更の可能性もありますので、取得の際にはホームページを確認するようにしてください。

3.登録を忘れるとどうなる?

こちらですが「なんとかなるっしょ!」「ごねたらいける!」という考えの方、絶対に登録をするようにしてください。アメリカやオーストラリアでもそうですが、登録を忘れた場合、まず飛行機に乗ることができません航空会社に拒否されるので、出発ができません。。。

ただ、申請は通常は数分で許可が出ますので、本当に万が一忘れていた場合は、チェックインまでに急ぎ申請するようにしてください。ただし、こちらは数分で許可が出ればという条件です。(出ないこともあるようです。記載事項のミスなど。。。他も考えられます。)

まとめ

実は私つい最近まではビザについてあまり知識がありませんでした。

2016年の修行で効率が良かったオーストラリアなんかはまさに電子ビザが必要ですね!!これを知らずに決行していたとなると最大級の失敗となること間違いなしです(笑)

アメリカもこの制度を導入したのは、平成21年(2009年)からです。つい最近、同僚がアメリカ出張の際に申請しており、電子ビザが必要だということを初めて知りました(笑)

今後もその国々での情勢によって、いろいろとシステムも変わっていきます。修行ルートの検討、旅行の検討の際にはビザの取得の必要性等もしっかりと確認することが大事です。(って当たり前と思われそうですけどね。。。)

 

本日もありがとうございました!