プリンスポイントを貯める「すぐたま」の新規入会キャンペーンがすごい!最大2,500円分が貰えるぞ!

おはようございます!sasasanです。

プリンスポイントを貯めるなら、ポイントサイトの「すぐたま」が最も効果的に貯めることができます。

紹介当初は扱っている案件もそこまでポイント数が高いわけではありませんでした。

しかし、4月以降のすぐたまはかなり頑張っているのをご存知でしょうか?

かなりの案件でNo1のポイント数を出しているというのが、少しずつ浸透していきます。

そしてこの度、当ブログが「すぐたま公認ブログ」として認定を受けました!!

更に今月よりスタートする限定企画!新規入会キャンペーンが過去最高にすごいので、早速紹介していきたいと思います。

すぐたまの新規入会キャンペーンで最大2,500円分が貰える!!プリンスポイントをガンガン貯める!

新規入会キャンペーンですが、2018年5月(先月)もなかなかお得なキャンペーンとなっていました。

f:id:sasasan3:20180601001609p:plain

紹介バナーより入会した場合このようになっていましたね!

  1. 新規会員登録で600mile(300円相当)
  2. 獲得マイルに応じて最大20,000mile

そして、今月からの新規入会キャンペーンはこのようになります。

  • ①新規会員登録で600mile(300円相当)
  • ②登録月の翌々月末までに20,000mile以上獲得で+1,400mile(700円相当)
  • ②登録月の翌々月末までに40,000mile以上獲得で+4,400mile(2,200円相当)

※①は登録後すぐに付与されますが、登録後30日経過後に使用可能になります
※②は登録月の3ヶ月後の月末までに付与されます

順に説明をすると、まず新規入会で600mileが貰えます。

そして、翌々月までに獲得するポイントの状況で追加でポイントをプレゼント!

40,000mile以上の獲得であれば、4,400mile(2,200円相当)が貰えちゃいます^^

最大で5,000mile(2,500円相当)のポイントが一気にGETできるチャンスというわけです。

新規入会はこちらからどうぞ!

代替文字

こちらの限定バナーからの入会が今回のキャンペーン適用となります。

公式サイトからの入会だとこのキャンペーンは適用されないので、注意してくださいね!

すぐたまのメリットはプリンスポイントを貯めるのに最適!

すぐたまと言えば、やはりプリンスポイントを効率的に貯めることができるというのがメリットになります。

カギとなるのは、「中継サイト」と呼ばれるポイントサイトになります。

プリンスポイントへの移行が可能なのが、「NetMile」になります。

実はすぐたまはネットマイルと同じグループの会社となります。

f:id:sasasan3:20180225233811p:plain

「NetMile」のポイント単位は2Mile=1円相当となります。

最低交換数は2000Mile(1,000円相当)からとなります。

f:id:sasasan3:20180225232819p:plain

これであれば、実質等価交換が可能となるのでとてもメリットがありますね!!

f:id:sasasan3:20180225234544p:plain

直でプリンスポイントへ交換ができるのは、すぐたまだけとなります。

デメリットは交換ポイント数の上限

超お得なプリンスポイントですが、実は1つだけデメリットもあります。

それはすぐたまからプリンスポイントへのポイント交換の上限があるということです。

 プリンスポイントへの交換は、ひと月20口まで、ご利用いただけます。

ひと口2,000mileなので、ひと月で40,000mileが交換できます。つまり毎月20,000プリンスポイントが貯められるということです。

大量にポイントを持っている方にとってはデメリットとも言えますね。

しかし、毎月40,000mile交換ができるという人もかなり限られてくると思うので、そこまでデメリットではないかもしれません。

ひと月20,000プリンスポイントまでしか交換できないんだね!

プリンスホテルに無料で宿泊!一例を紹介するよ!

ひと月に20,000プリンスポイントが貯まります。

まず、10,000プリンスポイントがあるとどのようなホテルに泊まれるか見てみましょう。

f:id:sasasan3:20180315014029p:plain

ザ・プリンス パークタワー東京

パノラミックツインorパノラミックキング(19F~28F)

f:id:sasasan3:20180315014141p:plain

ザ・プリンス さくらタワー東京

デラックスツイン(4~8階)※禁煙

f:id:sasasan3:20180315014217p:plain

軽井沢プリンスホテル イースト

フォレストツイン

この3つのホテルが1泊無料で宿泊可能なんです。

これがたったの10,000プリンスポイントで宿泊ができるってやっぱり強烈ですね!

では次に20,000プリンスポイントでどこに宿泊が可能なのか見てみましょう!!

ザ・プリンス パークタワー東京

【プリンススイート】

f:id:sasasan3:20180327122922p:plain

f:id:sasasan3:20180327122926p:plain

客室概要客室概要
フロア名 : パノラミックフロア
面積 : 113.3㎡
客室料金 : ¥237,600(宿泊税別)
フロア : 19~28F

ザ・プリンス パークタワー東京のスイートルームに無料宿泊が出来ちゃいます!!

では2か月で貯まる40,000プリンスポイントならどうなるのでしょうか!?

順にみていきましょう!

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町も無料宿泊ができちゃいます!

こちらはプリンスホテルの中でも最高ランクに位置するホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」になります。

こちらのホテルには40,000プリンスポイントで無料宿泊が可能となっています!

デラックスツインが対象のルームとなります。こんな感じです^^

f:id:sasasan3:20180401000823p:plain

f:id:sasasan3:20180401000828p:plain

こんな高級ホテルに無料宿泊ができるなんて最高ですね!!

グランドプリンスホテル高輪 高輪 花香路も無料宿泊が可能!

こちらのホテルには40,000プリンスポイントで無料宿泊が可能となっています!

和室Dが対象のルームとなります。こんな感じです^^

f:id:sasasan3:20180401001434p:plain

f:id:sasasan3:20180401001439p:plain

こちらのルームの値段はなんと118,500円!!

これが無料宿泊できちゃうわけです!!さらにチェックインは1Fフロントではなく、4F「ラウンジ桜彩」となります。

専用ラウンジが利用できるのもポイントが高いですね!

このようにプリンスポイントをうまく利用すれば、高級ホテルに無料で宿泊ができるようになります。

毎月20,000プリンスポイントを貯めていけば、たくさん無料宿泊ができるようになるのでとてもおすすめですよ!

「nimocaルート」も最速交換できるのがネットマイル(すぐたま)!ANAマイルを貯めるのにもおすすめ!

陸マイラーとしてANAマイルを貯めるのがメインとなるのですが、交換ルートが現在有力なルートは3つありますが、そのうちの1つ「nimocaルート」。

sasamiler.net

ネットマイルからnimocaへのポイント移行は等価交換ができます。

f:id:sasasan3:20180207231253p:plain

もちろん中継サイトである「PeX」からも交換は同じ条件なのですが、違いがあります。

ネットマイルは交換にかかる日数は最大2週間!!

※PeXは翌月15日前後

つまり、ネットマイルの方がポイント移行が早いというメリットがあります。

f:id:sasasan3:20180207233213p:plain

お!3週間でANAマイルに交換できるのはとてもうれしいかも!

まとめ

「すぐたま」を利用するメリットは2つになります。

  1. プリンスポイントをお得に貯めたい人
  2. 陸マイラーでnimocaルートを利用している人

ホテルもANAマイルも両方効率よく貯めていきたい陸マイラーにとってはおすすめのポイントサイトになります。

プリンスホテルは都内に素晴らしいホテルがたくさんあります。

地方にお住まいの方が東京観光にきたときや、週末ステイをホテルで満喫!なんていうのことが、無料で楽しめるというのがすばらしいですね!

新規入会はこちらからどうぞ!

代替文字

こちらの限定バナーからの入会が今回のキャンペーン適用となります。

公式サイトからの入会だとこのキャンペーンは適用されないので、注意してくださいね!

プリンスホテルに無料で宿泊!年間24万プリンスポイントを貯める方法の全貌とは?

皆さんはプリンスホテルに無料で宿泊できる方法をご存知ですか?

誰でも簡単に実現できる裏ワザがあります。

  • プリンスホテルのスイートに宿泊
  • プリンスポイントは無料で貯められる
  • プリンスポイントの裏ワザな貯め方

そんなプリンスポイントを爆発的に貯める方法の全貌を大公開しちゃいます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事