2018年最新!マリオットホテルカテゴリー変更のまとめ!SPGアメックス特典やスターポイント利用の宿泊は急いで予約!

f:id:sasasan3:20180213010747p:plain

おはようございます!sasasanです。

先日SPG系列のホテルカテゴリーについて紹介させていただきました。

sasamiler.net

それと同時にマリオット系列のホテルカテゴリーの変更も発表されております。

毎年各ホテルのランクは見直しがされておりどんどん変わってきています。

これがどのように影響を受けるのかというと、「ポイント利用による宿泊」でかなりの影響を受けるようになります。

マリオットホテルカテゴリーの変更の適用は2018年3月6日から

f:id:sasasan3:20180213010936p:plain

先日SPGのホテルカテゴリーの変更が発表されました。

On March 6, 2018, the Marriott Rewards® annual category changes will take effect. This year, 74% will stay the same, 21% will move up and 5% will move down.

こちらの変更適用は2018年3月6日より変わります。

今回のカテゴリー変更の詳細については、74%は変更なし、21%がカテゴリーアップ、5%がカテゴリーダウンとなっています。

公式サイトは下記。

2018 Marriott Rewards | Changes to Categories & Tiers

これによってどのような影響があるのかというと、マリオットリワードを利用しての「無料宿泊」に影響があります。

ホテルカテゴリーによって無料宿泊で使用するマリオットリワードというのは決まっていますので、ホテルのランクが上がってしまうとそれに伴って消費するマリオットリワードも上がってしまうわけです。

海外で自分がよくいく場所だったり、これから行こうと思った場所についてはチェックしておいた方がいいでしょう。

日本国内のマリオットのホテルカテゴリーの変更一覧

f:id:sasasan3:20180213011805p:plain

日本国内のマリオット系列ホテルはどうなったのかというと、カテゴリがDOWNしたホテルは無し。逆にカテゴリがUPしたホテルは4軒あります。

  1. コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション:7➡8
  2. コートヤード新大阪ステーション:6➡7
  3. モクシー大阪本町:6➡7
  4. オキナワ マリオット リゾート&スパ:7➡8

 

今回のカテゴリー変更でカテゴリー6が「名古屋マリオットアソシアホテル」のみとなってしまいました。

今回のカテゴリー変更に伴う、日本国内のマリオットホテルカテゴリーの一覧は下記にまとめました。

対象ホテルは全部で17軒。

所在地 ホテル 2017年 2018年
東京都

コートヤード・マリオット銀座東武ホテル

7 7
東京都 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 7 8
東京都 モクシー東京錦糸町 7 7
東京都 ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション 8 8
東京都 東京マリオットホテル 8 8
山梨 富士マリオット・ホテル山中湖 7 7
長野 軽井沢マリオットホテル 7 7
静岡 伊豆マリオット・ホテル修善寺 7 7
愛知 名古屋マリオットアソシアホテル 6 6
滋賀 琵琶湖マリオット・ホテル 7 7
大阪府 コートヤード新大阪ステーション 6 7
大阪府 モクシー大阪本町 6 7
大阪府 大阪マリオット都ホテル 8 8
和歌山 南紀白浜マリオットホテル 7 7
徳島 ルネッサンス・リゾート・ナルト 7 7
沖縄 オキナワ マリオット リゾート&スパ 8
沖縄 ルネッサンス・オキナワ・リゾート 8 8

マリオットリワードポイントの利用、およびキャッシュ+ポイントを利用した無料宿泊について

次にポイント利用による無料宿泊、キャッシュ+ポイント利用による宿泊についておさらいしておきましょう。

ホテルカテゴリー ホテルリワードポイント キャッシュ+ポイント
カテゴリー1 7,500pt 3,000pt+45$
カテゴリー2 10,000pt 5,000pt+50$
カテゴリー3 15,000pt 8,000pt+55$
カテゴリー4 20,000pt 11,000pt+60$
カテゴリー5 25,000pt 14,000pt+65$
カテゴリー6 30,000pt 17,500pt+75$
カテゴリー7 35,000pt 21,000pt+95$
カテゴリー8 40,000pt 24,500pt+145$
カテゴリー9 45,000pt 28,000pt+220$

日本国内ではカテゴリー6が一番下となり、カテゴリー8が一番上のランクとしてあります。

カテゴリー6、7、8を最低でも覚えておくといいでしょう。

今回のカテゴリーアップの中での考察として、「モクシー大阪本町」がカテゴリー7にアップですね。

sasamiler.net

同時に「コートヤード新大阪ステーション」も同じカテゴリー7に上がっています。

sasamiler.net

そして今年、ちょうどマリオットプラチナチャレンジで上記2つのホテルに滞在してきましたが、断然「コートヤード新大阪ステーション」をおすすめします。

なぜこの2つが同カテゴリーになったのかというのは正直疑問でもありますが、どちらかに泊まるのであれば、コートヤードになりますね^^;

オシャレな雰囲気を楽しみたいのであれば、モクシーもいいとは思いますけどね。

リッツカールトンのホテルカテゴリーについて

リッツカールトンのホテルカテゴリーの変更は今回はありません。国内のホテルは4軒あります。

所在地 ホテル 2017年 2018年
東京都

ザ・リッツカールトン東京

京都府 ザ・リッツカールトン京都
大阪府 ザ・リッツカールトン大阪
沖縄 ザ・リッツカールトン沖縄

リッツカールトンのリワードポイントの利用、およびキャッシュ+ポイントを利用した無料宿泊について

こちらも合わせて紹介させてもらいます。

ホテルカテゴリー ホテルリワードポイント キャッシュ+ポイント
ティア1 30,000pt 15,000pt+115$
ティア2 40,000pt 20,500pt+145$
ティア3 50,000pt 26,000pt+170$
ティア4 60,000pt 32,000pt+260$
ティア5 70,000pt 38,000pt+335$

リッツカールトンのホテルカテゴリーは「ティア」という単位を利用しており、全部で5ランクあります。

日本国内のホテルランクは3~5となります。

この中でもリッツカールトン大阪がティア3ということで、こちらがかなりお得かと思います。

大阪の高級ホテルというと、「セントレジス大阪」(SPG系列)とリッツカールトン大阪なんじゃないでしょうか?

セントレジス大阪はSPGカテゴリー7に上がっており、スターポイント利用宿泊だと30,000~35,000スターポイントが必要となります。

対してリッツカールトン大阪の場合だと50,000マリオットリワードなので、16,667スターポイントで宿泊ができますね。

マリオットリワードポイントを利用した宿泊の予約は2018年3月6日までに済ませておくのがおすすめ。

カテゴリーが上がってしまったホテルに今年泊まろうという方は、日程が決まっているのであれば予約をした方がいいです。

ホテルカテゴリー変更が適用となるのは2018年3月6日からとなります。

対象のホテルを検討されている方は、変更前に予約を済ませてしまいましょう。

SPGアメックスを利用している方でスターポイントを持っている方であれば、マリオットリワードにポイントを早めに交換しておいた方がいいですね!

SPGアメックスのスターポイントは300%でマリオットリワードポイントに交換可能!

マリオットリワードポイントとスターポイントは相互交換が可能となっています。

スターポイント:マリオットリワードポイント=1:3

つまり1スターポイントは3マリオットリワードポイントとなります。300%レートですね!

国内のホテルで見ると、マリオットでのポイント利用の方がポイント価値が高いように思います。

sasamiler.net

上記はホテル利用ではないのですが、ユナイテッド航空のマイレージをお得に貯める方法です。

マリオットリワードポイントをユナイテッド航空のマイレージにお得に交換ができますので、非常におススメですよ^^

あとここ最近当ブログでもおすすめしているのが、マリオットプラチナチャレンジになります。

簡単に説明をするとこんな感じです。

通常マリオットのプラチナ会員になるためには75泊必要だが、電話もしくはメールにてチャレンジ申請をすると開始月から3か月以内に9滞在をすればプラチナ会員になることができる非公式な裏技。

そしてなぜおすすめなのかというと理由は2つあります。

  1. 最安値でチャレンジすれば費用は10万円前後で収まる
  2. 2月以降にプラチナ達成すれば2020年2月までプラチナ会員が継続

SPGとマリオットの統合で今後のバランスが変わっていくものと予想されます。どのようになるのか分かりませんが、少なくとも2020年2月までは現状のシステムで運営されるものだというのがプラチナ会員の期限で読み取ることができるわけです。

そして今回イチオシのプラチナチャレンジですが、マリオットのゴールド会員じゃないとチャレンジ申請ができません。。。

しかし、SPGアメックスを所持していればマリオットのゴールド会員が自動付与されるのでチャレンジも可能となっています!!

4/30までに私からの紹介で申し込まれた方限定!抽選で2名様に特別なプレゼント!最大で50,000マリオットポイントが貰えるチャンス!

皆さんはマリオット紹介プログラムをご存知でしょうか?

簡単に説明をするとこんな感じです。

  1. 紹介された方は宿泊する度に「ボーナスポイント2,000Pを最大5回まで(上限10,000p)」がもらえる。
  2. 紹介した方は、紹介された方が宿泊(1滞在)する度に「2,000pを最大5回まで(紹介者1人につき上限10,000p)」をもらえる。
  3. 紹介できる上限人数は年間5人まで。10,000P×5人で最大50,000マリオットポイントが貰えるチャンス!

簡単に言うと、5人紹介が出来て最大で50,000マリオットポイントが貰えちゃうという紹介プログラムです。ただ、紹介した人が上限まで宿泊を利用するかは分かりませんけどね^^;

私のブログでもマリオット紹介プログラムを紹介しており、私と妻の分の紹介枠はあっという間に上限に達してしまいました!

そして身近な友人数名に紹介プログラムの仲介をさせてもらっていましたが、その分も上限になってしまっている状況です^^;

というわけで、これからSPGアメックスを発行したい!という方に更にポイントをプレゼントしたいという感謝も込めて、抽選で2名様にマリオット紹介プログラムの仲介をさせてもらいます^^

【申し込み方法】

SPGアメックスの申し込みでリンクではなく、問い合わせでご連絡ください。(ニックネームで大丈夫です)

問い合わせから入会発行された方の中から抽選させてもらいます^^

【申込期間】

2018年4月5日~4月30日まで

当選された方には、別途こちらよりご連絡をさせてもらいます。

こちらは紹介の仲介となりますが、マリオット紹介プログラムの詳細、紹介の方法についてはこちらになります。

sasamiler.net今年の1月より紹介プログラムの記事をあげてから、当ブログに20件以上の申し込み依頼がきております! 

ちなみに抽選で2名様とさせてもらっているのは、問い合わせがまちまちな状況もあるので一旦は2名様への仲介とさせてもらっています。

ただし、予想よりも早く紹介が完了した場合は、仲介人数を上げる予定です(笑)

>>SPGアメックスの申し込みはこちらから<<

下記はSPGアメックスを新規発行してから最もお得にプラチナ資格を貰いつつ、ポイントも12万以上貯められる方法になります。

sasamiler.net

まとめ

正直今回のホテルカテゴリー変更で「モクシー大阪本町」のランクUPというのは正直微妙ですね。

コートヤードだけの方がバランスが取れたようにも思います^^;

今年の旅行をある程度検討されている方は対象のホテルについては一度チェックをしておいた方がいいと思います。

カテゴリー変更前にしっかりと予約をしておきましょうね!!

 

SPGアメックスについての考察!なぜSPGアメックスを利用する人が増えたのか?そのメリットについてはこちら!

sasamiler.net

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事